セミリタイア(アーリーリタイア)研究室

セミリタイア・アーリーリタイアを目指す人のためのサイト

 

当サイトでは、配当金生活・セミリタイア・アーリーリタイアを実践するための方法について検証しています。

 

ただ、配当金生活・セミリタイア・アーリーリタイアというのはファイナンシャルフリーの延長線上のものなので、とくにそういった生活を目指していない人にも参考になるでしょう。

 

お金に関する不安がなくなった状態で、その後どういった生活をしていくのか選択するのは人それぞれ自由ですからね。

 

配当金生活・セミリタイア・アーリーリタイアをするための手順

 

配当金生活・セミリタイア・アーリーリタイアをするためには、ある程度の計画性が必要です。

 

生活設計を立てる(ライフプラン表の作成)

 

まずやるべきことは、生活設計を立てることです。具体的には、ライフプラン表の作成ですね。

 

ライフプラン表というのは、今後のライフイベントをもとにお金の流れを数値化した表のことです。

 

⇒ ライフプラン表の作成方法について詳しくはこちら

 

生活費を削減するための方法

 

配当金生活・セミリタイア・アーリーリタイアをするためには、生活費を低く抑えることも必要です。

 

もちろん多くのお金を稼げたり、資産を築くことができるのであれば別ですが、だいたいの場合それは難しいでしょう。

 

また、入ってきたらそれだけ使うといった生活では、資産もできないのでお金を生み出す力が育ちません。

 

生活に必要なお金が低ければ低いほど、お金への依存度を下げることができます。極論ではありますが、自給自足で山奥などで暮らし、電気やガス・水道などを使わなければお金がなくても生活できますから。

 

ではどうやって生活費を削るのかというと、はじめは1月にいくらのお金を使っているのか、年間でいくらになるのか明確にすることです。

 

その次は、まず固定費から削り、固定費をこれ以上削れないとなったら変動費を削るようにしましょう。

 

⇒ 支出には変動費と固定費の2種類あります

 

おすすめはモニターサイト

 

生活費を削るのに役立つものでいえば、モニターサイト・ミステリーショッパーがあります。

 

例えばファンくるであったりお得モニターサイト【とくモニ】を使うことによって、食費を抑えたりすることもできますよ。

 

どうやって生活費を生み出すのか?

 

配当金生活・セミリタイア・アーリーリタイアした場合、その間の生活費をどうするのか考える必要があります。

 

まず考えられることとしては、現金を貯めてそれを少しずつ切り崩していく方法です。これならある程度お金の心配がなくなります。

 

ただし、そのためには大きなお金が必要なので、ハードルは高くなるでしょう。

 

もう一つの考え方が、ある程度の資産でお金を生み出し、それで生活するというものです。いわゆる不労所得というものですね。

 

株式投資(配当や株主優待)

 

株式投資でインカムゲインをメインとした運用をするのもありです。

 

クラウドファンディング

 

不特定多数の人からお金を集めて運用するもので、クラウドファンディングというものがあります。

 

例えばクラウドバンクでは目標年利回りが5.0-7.5%など、インカムゲイン狙いの資産運用として検討するといいでしょう。

 

まだ新しい運用スタイルではありますが、海外では一般的になってきています。

 

国内で資産運用のひつとして利用できるところとしてはクラウドバンクSBIソーシャルレンディングなどがあります。

 

クラウドファンディングについて詳しくは下記リンク先の記事で紹介していますので、そちらを参考にしてみてください。

 

⇒ クラウドファンディングについて詳しくはこちら

 

不動産投資

 

不動産投資で生活している人もいます。

 

主な収益は家賃収入になりますが、これなら基本的労力をかけずにお金を生み出すことができます。

 

ただし元手は相応に必要になりますし、経営センスも問われるのでうまくいかない可能性もそれなりにあるでしょう。

 

原資を稼ぐためにやるべきこと

 

配当金生活・セミリタイア・アーリーリタイアの原資を稼ぐための方法についてご紹介します。

 

本業でしっかり稼ぐ

 

基本はやはり本業でしっかりと稼ぐことです。

 

配当金生活・セミリタイア・アーリーリタイアをしている人を見てみますと、本業で平均以上に稼いでいる人が多いんですよね。当たり前ですが。

 

投資をするにしても元手が必要ですが、それが大きければ大きいほど小さな利回りでも金額は大きくなります。

 

ただ、無駄に残業代を稼いで時間を浪費するというのはNGです。また、現在勤めている会社が条件的によくなく、改善する兆しもないのであれば転職するのもいいでしょう。

 

とはいえ、準備を全くせず衝動的に転職するのもだめですよ。特に、給与アップを目指す場合は基本的に同業種・同職種じゃないと狙いずらいです。

 

クラウドソーシングで稼ぐ

 

クラウドソーシングは、簡単に言うとネット上での仕事の委託のようなものです。仕事の外注ですね。

 

仕事の内容は多岐にわたりますが、例えば文章の作成であったりサイトやロゴなどの作成、占いなど多岐にわたります。

 

何かしら特技があるのであれば、それもお金になるかもしれません。また、得意なことなどはないという人でも、文章を書くライターの仕事もあります。

 

慣れるまでは大変かもしれませんが、数百文字程度の文章を募集していたりもするので、できるところから少しずつ始めてみるのもいいでしょう。

 

クラウドソーシングサイトで有名どころでいえばクラウドワークスやココナラがあります。

 

クラウドワークスは上場しているので、知っている人も多いのではないでしょうか。私も利用していますが、使いやすいので一度使ってみることをおすすめします。

 

また、上記以外であればサグーワークスも使ってみるといいでしょう。100文字程度のかんたんなものや、アンケートに回答するタイプの案件もあり、取り組みやすいです。

 

⇒ 簡単記事作成で現金ゲット!サグーワークス

 

アフィリエイトで稼ぐ

 

アフィリエイトとは、サイトやブログに広告を掲載し、そこから何かしらのアクション(訪問者が広告をクリックしたり、サービスを利用したりする)があった時に報酬がもらえるというものです。

 

⇒ アフィリエイトについて詳しく見てみる

 

株式投資で稼ぐ

 

上ではインカムゲインについて書きましたが、いわゆるトレーディングでお金を稼ぐ方法もあります。


アフィリエイトは怪しい商売だという思い込みは機会損失になります

 

収入を増やす方法はいろいろありますが、その中でもおすすめなのがアフィリエイトです。

 

通常、商売を始めるためにはお金がかかりますし、上手くいかなければそのお金、投資した分を回収することはできません。

 

一方アフィリエイトは無料のブログなどで始めることができ、仮に失敗したとしても大きな損失を出すといったこともありません(やり方にもよりますが、通常の範囲ではそういったことはないと言い切れます)。

 

そんなアフィリエイトという仕事ですが、世間一般では「怪しい商売」だと思われていることが多いです。アフィリエイトで稼いでいるというと、微妙な空気が流れることもありますよね。

 

おそらくこのページにたどり着いたあなたは、アフィリエイトに興味はあるけどなんだか怪しい、と考えていませんか?

 

そこでこのページでは、アフィリエイトという仕事はどういったものなのかその仕組み、怪しいと思われる理由などをご紹介します。

株式投資の原資を稼ぐ(元手を用意する)おすすめの方法

 

株式投資をやってみたいけどお金がない・・・

 

株式投資は少額から始めることができますが、お小遣い制で余裕がないという方もいると思います。また、預貯金が乏しくて、給料については預貯金に振り向けたいということもあるでしょう。

 

そういった方は、ちょっと努力することで収入を増やすことを考えてみて下さい。これから紹介する方法は、投資のパフォーマンス向上をねらえます。

 

個別株投資で重要なのが、企業分析・株価分析です。

 

その方法にはいろいろあるかと思いますが、最近の証券会社にはその作業をサポートしてくれる強力なツールがいろいろ用意されています。

 

そこでここでは、企業分析・株価分析で役に立つツールをご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

 

株の配当金、いわゆるインカムゲインで生活するのは可能なのでしょうか。

 

結論から言えば可能です。実際に配当金生活をしている人もいますからね。検索をしたりすれば、配当金で生活している人のブログも見つかります。

 

ただ、あこがれているだけでは達成するのはなかなか困難です。また、一時的に配当金で生活できたとしても、計画や想定が甘いと途中で生活することが難しくなってしまいます。

 

そこで今回は、配当金で生活するためにやるべきことや、どういったことを想定すべきなのかについて検証していきますので、参考にしてみてください。

長期で投資するのに適した銘柄の特徴と選び方

 

投資スタイルは百人いれば百通りあり、投資期間によっても狙う銘柄と言うのは変わってきます。

 

例えば、短期投資なのに業績が長期にわたり伸びている銘柄を選んでも意味ないですし、長期投資なのに直近で10%上昇した銘柄を選定条件にしても意味がないですよね。

 

そこで本記事では、長期投資に適した銘柄について考察してみたいと思います。

 

セミリタイアについて調べていると、「セミリタイア 失敗」といったキーワードが見つかります。

 

確かに、失敗は怖いですから、セミリタイアを検討する際にどういった失敗があるのかは知っておきたいところです。

 

そこでここでは、セミリタイアの失敗について検討していきます。

 

アーリーリタイアをしたいけれど、一体いくら必要になるのか見当もつかない、という人もいるでしょう。

 

見当がつかない、計画できないと実行は不可能です。

 

そこでここでは、アーリーリタイアするのにいくら資金が必要なのかその考え方についてご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

DINKs(ダブルインカムノーキッズ)は「Double Income No Kids」の略称で、収入源が二つで子供を持たない夫婦のことを指します。

 

つまり、夫婦共働きで子供のいない世帯と言うことですね。

 

ちなみに、子供がいなくて共働きなら全員がこのカテゴリーに入るかと言えば、そうともいえません。

 

子供を授かる予定・計画を持っていたり、何らかの事情により授かることができない夫婦は通常このカテゴリーに含めないようです。

 

とは言ったものの、細かく定義づけされているわけではなく、人それぞれのざっくりとした認識で使われる言葉ではありますね。

 

また仕事についても厳密な定義はありませんが、DINKs(ダブルインカムノーキッズ)というと二人とも正社員として働いているというイメージがあります。

 

セミリタイア(アーリーリタイア)を目指すに当たり、十分な情報量を確保することは必要です。

 

なんとなくのイメージや、一部の事例を参考に実践に移すのは結構危ういですからね。

 

失敗したらそれなりのダメージを受けて、下手したら再起不能にも陥りますし。なので、既にセミリタイア(アーリーリタイア)している人や目指している人のブログを読んだり、書籍を読んで知識をつけていくことが大切です。

 

セミリタイア(アーリーリタイア)実践者、目指している人のブログは下記リンク先ページでまとめているので、ここではセミリタイア(アーリーリタイア)関連書籍をご紹介します。

 

 

インカムゲイン(配当金&株主優待)重視の投資家ブログについてまとめましたので、参考にしてみてください。

 

※ お手数おかけしますが、もし不都合などありましたら『リンク・お問い合わせについて』からご連絡いただければと思います。

 

※ 配当金生活・セミリタイア・アーリーリタイアをしている人のブログをまとめた記事はこちら


 
トップページ サイトマップ お金マニュアル 種銭の稼ぎ方 投資情報の集め方