人によって違う!おすすめされるべき資産運用の方法

人によって違う!おすすめされるべき資産運用の方法

 

資産運用で何かおすすめのものないかな?

 

そう聞かれることがあるんですが、なかなかこれだとはいえないんですよね。

 

というのも、その人の資産状況であったり収入の状況によって変わってくるからです。


資産運用を始める前に必要なこと

繰り返しになりますが、資産運用を考える前にまずは自分の置かれている状況を整理することが大切です。

 

たとえば、極端な話ではありますが資産が10億円ある人とほぼない人で、運用の仕方というのは大きく変わりますよね。

 

また、高収入と定収入の人、家族のあるなしなどでも運用の仕方は変わってきます。

 

現状分析の方法

 

あまり細かくやり過ぎてもあれですが、現状の資産内容であったり収入・支出をある程度把握しておくといいでしょう。

 

またそのほかに、ライフイベント表を作成しておくと将来必要なお金がわかりやすくなります。

 

⇒ ライフイベント表の作成方法・押さえておくべきポイント

 

もしできるのであれば、もう一歩踏み込んでライフプラン表を作るのがおすすめです。

 

ライフプラン表を作っておけばより具体的にお金の動きがわかり、自分にはどういった運用方法が必要なのか見えてきます。

 

資産運用のおすすめ例

 

資産の運用は基本的に、自分でいろいろ勉強した上で責任を持ってやっていくようにしましょう。

 

ただ、これだけだとあれなので、資産運用のおすすめの例をいくつかご紹介します。

 

資産があまりない場合

 

資産があまりない状況であれば、やはりまずはお金の貯まる仕組み作りから始めるのが必須です。

 

基本的に普通預金、ほかに定期預金などで運用するのがいいでしょう。

 

リタイア後の場合

 

リタイア後はある程度まとまったお金があり、資産運用を考えるタイミングでもあります。

 

ここで注意したいのが、全く運用経験がないのに老後不安から変な運用をしてお金を減らしてしまうことです。

 

まとまったお金をいきなり運用すると、数%のマイナスでも大きなダメージとなります。なので、少額から始めるといいでしょう。

 

運用商品にもいろいろありますが、私としては個別株式投資がおすすめです。


スポンサードリンク

ビットコイン



ブログランキング・にほんブログ村へ   

関連ページ

少ないお金で資産運用する方法
少ないお金で資産運用する方法について紹介していきます。
お金を増やす簡単な計算式と実践するべきこと
お金を増やすためには、計算式をしっかり理解・意識することが大切です。
お金の勉強がしたい人のためのお金の勉強方法
お金の勉強方法についてご紹介します。
ライフプランとは何か?将来設計の方法を解説
ライフプランとは何か?ということについて紹介します。
ライフイベント表の作成方法・押さえておくべきポイント
ライフイベント表の作成の方法について紹介します。
ライフプラン表の作成方法・押さえておくべきポイント
ライフプラン表は地図です。これからどういう風に人生を歩んでいくのか、お金の面からアプローチしているものなので、しっかりと作成しなければいけません。
資産運用はいつから始めればいいの?
資産運用を始めてみたいけど、今すぐに始めるべきか悩んでいる人は是非読んでください、資産運用を始めるタイミングについて紹介しています。
運用する資産額の決め方|資産運用はいくらから?
運用する資産額の決め方|資産運用はいくらから?
財形貯蓄制度の特徴とメリット・デメリット【まとめ】
財形貯蓄制度の特徴とメリット・デメリット【まとめ】
種銭の作り方で押さえておくべきポイント
種銭の作り方で押さえておくべきポイント
高利回りを狙う投資商品のイロハ
高利回りを狙う投資商品のイロハ
景気に左右されない銘柄・投資対象ってあるの?
景気に左右されない銘柄・投資対象ってあるの?
eワラントって何?という人のためのeワラント入門(メリットやリスク、おすすめの証券会社を解説)
eワラントって何?という人のためのeワラント入門(メリットやリスク、おすすめの証券会社を解説)
確定拠出年金(愛称:iDeCo イデコ)ってどんなものなの?
確定拠出年金(愛称:iDeCo イデコ)ってどんなものなの?
資産運用するなら知っておきたいトレード対象の種類
資産運用するなら知っておきたいトレード対象の種類

 
トップページ サイトマップ お金マニュアル 種銭の稼ぎ方 投資情報の集め方